海外ドラマ de eigo33

私(『英語耳』著者)の英語の原点は洋楽・洋画・海外ドラマ。
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< My son's band, NES Band | main | HEROES >>

Smallville ヤングスーパーマン

0
    JUGEMテーマ:海外ドラマ

    Smallville ヤング・スーパーマン

    AXNで放送していた、シーズン10の最終エピソード22話が2/27(木)で終了しました。
    英語のタイトルは、「Smallville」です。クラーク・ケントが宇宙kら舞い降りて来て、育っていった故郷の地名です。

    僕が見始めた(録画を始めた)のは、シーズン7の後半頃からです。録画してもほとんど見ていないので、正直、ストーリーにはついていけてません。

    今日は、シーズン10の最後の3話を見ました。
    惑星が地球に衝突するか否かの危機!そして昔々のスーパーマンのTVドラマにきれいにつながるエンディングが良かったですよ。

    古いスーパーマンのTVドラマは「空を見ろ、鳥だ、飛行機だ」の日本語ナレーションではじまり、当時とてもワクワクしながら見ていました。人が空を飛ぶというファンタジーの世界にも抵抗なく入っていけました。

    スーパーマンの映画は、今となってはかなり古い映画ですが、当時は全部見ています。クリストファー・リーヴがスーパーマンという強いイメージが僕の記憶に強く残っています。
    クリストファー・リーヴが出演していたスーパーマンの映画の年代です。
    スーパーマン Superman (1978)
    スーパーマンII/冒険篇 Superman II (1980)
    スーパーマンIII/電子の要塞 Superman III (1983)
    スーパーマンIV/最強の敵 Superman IV: The Quest For Peace (1987)

    クリストファー・リーヴ主演の「ある日どこかで Somewhere in Time」は僕の大好きな映画です。1980年だったのですね。


    ヤング・スーパーマンの最終話では、僕たちが知っているスーパーマンの衣装とマントを付けたスーパーマンの誕生は、わくわくするシーンです。米国でもリタイアの年に達した人たちは感慨深く見たのではないでしょうか。
    スーパーマンの映画を見ていない若い世代の人たちはどう感じたのでしょうね。
    スタートレックの映画も、最近の映画は、スタートレックのチームの誕生物語でした。

    シーズン1全21話、米国では2001年10月から放送
    シーズン2全23話、
    シーズン3全22話、
    シーズン4全22話、
    シーズン5全22話、
    シーズン6全22話、
    シーズン7全20話、
    シーズン8全22話、
    シーズン9全22話、
    シーズン10全22話、米国では、2011年5月に最終話放送
    ファイナル・シーズンとなったシーズン10で終了
    10年続いたのがすごいですね。

    ヤングスーパーマン Wiki
    http://bit.ly/1fqbsJm
    人物が沢山出てくるので、上記Wikiのサイトの人物紹介が役に立ちます。


    AXNのページでは、各シーズンの、各エピソードのあらすじが書かれています。ものすごく情報量が多いサイトです。
    http://axn.co.jp/program/smallville/
    これを読むだけで、全体のストーリーが浮かんできます。ものすごく情報量が多いサイトです。記述は、おおまかなサマリーなので、やはり見ないとストーリーがつながっていきませんね。ついついこのサイトからたくさんコピーしてしまいました。

    DLifeあたりで、シーズン1から放送してくれると嬉しいのですが。


    以下は、上記のAXNのページからの情報です。
    前半はスーパーマンの学生時代の話のようですね。

    ロイス・レインはシーズン4から登場のようです。

    >シーズン5のE1で北極に導かれたクラークは「孤独の要塞」を訪れる。
    映画と同じような、北極の氷に囲まれた「孤独の要塞」が出てきます。
    シーズン10でもたびたび出てきました。

    ●(以下はシーズン7以降のあらすじの抜粋です。ネタバレですが、AXNのページがなくなっても残るように自分のためにコピーしておきました。)

    >シーズン7のE2は、ロイスはリーブス・ダムの近くで謎の宇宙船を発見し、特ダネだと大喜び。しかし船に近づいた瞬間、何かに攻撃され気を失う。ロイスを襲ったのは、クリプトン人の少女カーラ。彼女は何者なのか。そして地球に訪れた目的とは!?

    シーズン7のE8: カーラのクリスタルに、亡き母ラーラのDNAが入っていることを知ったクラーク。ある夜、母の囁く声に導かれ、北極の要塞にクリスタルを持っていく。そしてジョー-エルの制止を聞かず、クラークは死んだはずの母を甦らせてしまう!

    シーズン8のE1: 新たにルーサーコープの最高経営責任者となったテス・マーサーは、姿を消したレックスを全力で捜索する。一方、オリヴァー、AC、ダイナの3人もまた、行方不明のクラークを必死に探していた。オリヴァーは、やっとの思いでクラーク見つけるのだが…!

    シーズン8のE2: デイリー・プラネットで記者として働くことになったクラーク。その初出勤の日、近くでバスの爆発事件が起きる。すぐに救助に向かったクラークは1人の女性を助ける。なんとそれは、テス・マーサーだった!彼女がバスに乗っていた本当の理由とは!?

    シーズン8のE4: 北極で見つけたクリスタルを科学者に解析させるテス。科学者は、クリスタルがハードディスクの様な物だと突き止め起動させてみる。すると、突然クリスタルから青い光線が…!そして、その光は宇宙から物騒な訪問者を呼び寄せてしまう。魅惑的な彼女の正体はいったい?

    シーズン8のE6: クロエは超能力者たちをサポートするため、グループ・ミーティングを開く。一方、クラークは警察の無線を傍受し、事件が起きると現場に駆けつけ人々を助けるという生活を送っていた。ある時、クラークが現場に駆け付けると、そこには血まみれの人が大勢倒れていた…。

    シーズン9のE1: クロエの最愛の人ジミーが死んだことに責任を感じるクラークは、人間“クラーク・ケント”としての部分を封印することを決意。皆の前から姿を消し、実父ジョー?エルの元で訓練を受ける。一方クロエは、3週間も行方不明のままのロイスを必死に探していた。

    シーズン9のE3: ある日、目覚めたクラークはオリバーからの携帯のメッセージを見て血相を変える。外に出ると、街はゴーストタウンと化していた。デイリー・プラネットに着いたクラークは、ゾンビに様変わりしたロイスに襲われる。いったい何があったのか?話は12時間前に遡る…。

    シーズン9のE6: ロイスは、ニュースキャスターのオーディションを受ける。付き添いのクラークとのコンビが気に入られ、二人一緒ならという条件で採用されることに。クロエは、テスの最近の動向が気になり探っていた。一方、オリバーはファイトクラブでミアという女性と出会う。

    シーズン9のE10: クラークとロイスは付き合い始める。デートからの帰り道、一人になったロイスはオリバーそっくりの格好をした男から矢で狙われる。射抜かれたロイスはその場に倒れる。その頃、オリバーはトレーニング中だった。知らせを聞いたオリバーは病院に駆けつけるが…。

    シーズン9のE16: ある週末、クラークとロイスは田舎町に旅行に出かける。しかし、偶然にも同じホテルにオリバーとクロエもお忍びで旅行に来ていた。2人を見て驚くロイス。そんな時、ホテルに飾ってあった肖像画をロイスが傷つけてしまい、封印されていた霊が宿泊客に憑依する。

    シーズン9のE22: ロイスは“影”から連絡をうけ、会いに行く。そこに現れたゾッドを見て驚くロイス。一方、クロエたちはゾッドとの闘いに備えて準備をしていた。クラークはある秘密兵器を持っていたが、それを使うとクラークまでも地球から消えてしまうという。クラークの決断は!?

    シーズン10のE1: 雨の中に倒れるクラーク。ロイスが必死に呼びかけるが応答はない。その頃クラークは、生死のはざ間で父の声を聞いていた。「地球の最強の守護者はお前だ」と言われたクラークは、もう一度ヒーローとして悪と戦うため生き返らせてくれと強く願う。

    シーズン10のE11: クラークはロイスをディナーに誘い、プロポーズ。ロイスは喜んでOKし、皆も2人を祝福する。しかし、世間ではヒーロー達への風当たりはますます強くなっていた。そんな中、テロリストとして指名手配されているオリバーは強盗に襲われた女性を助けるが…。

    シーズン10のE20: 結婚式を目前に控えたクラークは、ロイスを孤独の要塞へ連れて行き、ジョー-エルに結婚を報告する。するとジョー-エルは、ロイスに1日クラークと同じ力を与える。一方、“オリオンの弓”を探していたオリバーは、結界に閉じ込められたカーラと出くわす。

    E21: ヒーローであることの責任を知ったロイスは、結婚をやめることを決意。クラークは思い留まらせようとするが、ロイスの意思は固かった。何も知らないオリバーとクロエは祭壇の飾りつけをしていたが、そんな時、地球には巨大な危機が忍び寄っていた。

    第22話「地球最大の危機 後編」最終話
    Finale Part 2: 惑星アポカリプスが地球に接近し、人々はパニックに陥っていた。そんな危機的状況の中、クラークは惑星の衝突をなんとか食い止める術を探す。一方、テスを誘拐したライオネルは、テスの心臓を奪ってレックスを甦らせようとしていた。
    YouTube: Smallville FINALE - A SUPER Future
    http://www.youtube.com/watch?v=vDXIjFmW6Ig  2:36
    ネタバレですが、10年間続いたヤングスーパーマンが、最後のシーンで僕たちが知っているスーパーマンに変身です。この音楽です!! めがねをかけたロイス・レインとの会話の中の「7年」もとても重要で意味深です。


    ●以下はシーズン1のAXNサイトによるあらすじ。
    1989年10月16日カンザス州の小さな田舎町スモールビルはカーニバルを控えて賑わっていたが、そこにいきなり無数の隕石群が降り注ぐ。多くの家が破壊され、少女ラナは両親を目の前で失い、父親と視察に来ていた9歳の少年レックスは髪の毛を失う。そして、深く愛し合いながらも子宝に恵まれなかったケント夫妻は農場で隕石と共に不時着した宇宙船を発見し、そこに裸の少年を見つける。夫妻は少年をクラークと名づけ、自らの養子とする。

    そして2001年。高校生となったクラーク(トム・ウェリング)は強大なパワーも持ちながらも両親からそれを使うことを禁じられ、平凡な高校生として生活していた。美しい同級生ラナ・ラング(クリスティン・クルック)に憧れ、クロエ(アリソン・マック)とピート(サム・ジョーンズ三世)と共に新聞部で活躍するクラークだったが、ある日どうして能力を使ってはいけないのかと父親に詰問し、その時初めて宇宙船を見せられ、自分が実は隕石と共にやってきたエイリアンであることを聞かされる。その出自にショックを受けたクラークだったが、両親の愛情に包まれて地球人として生きていくことを決心する。

    そんなある日大富豪の息子レックス・ルーサー(マイケル・ローゼンバウム)の命を救ったことからクラークは彼と親友になる。しかし、レックスの父親ライオネルはレックスと犬猿の仲で隙あらば自分の帝国からレックスを排除しようとしていた。

    そして、クラークの宇宙船と共に降り注いだ隕石の影響でスモールビル周辺では異常な能力を発揮する人間が続出するようになっていた。そして、その隕石クリプトナイトはクラークのスーパーパワーを奪い、命さえ危険を及ぼす危険な物質だったのだ。

    クラークはスモールビルを救うために様々な怪事件やスーパーパワーを振るう怪人と対決するが、それは同時にクラークの正体を曝す危険でもあった。

    ●シーズン2、AXNサイトによるあらすじ
    嵐の中で暴走したクラークの宇宙船を偶然見つけたピートにクラークは宇宙船の秘密と友情を守るために彼に自身のスーパーパワーの秘密を打ち明ける。ピートはクラークの秘密を知る三人目の地球人となるが、これによってクラークはたびたびピートに窮地を救われるようになる。

    スモールビル周辺に現れる怪現象を独自に調査するレックスとライオネルは互いに牽制しながらもクリプトナイトの影響に気づき始めていた。特にライオネルは隕石のクリプトナイトを精製して密かに大量に保管して独自の研究と実験を始めていた。

    ある日、クラークはスモールビル近郊で洞窟を発見する。先住民族であるカワチ族が伝説として讃える洞窟の壁には宇宙船に描かれたのと同じ文字が刻まれていた。八角形のシンボルに宇宙船のキイを使ったクラークは洞窟の壁画からのメッセージを受け、クリプトン語を理解できるようになる。そしてクラークの正体を知る天才宇宙学者のバージル・スワン(クリストファー・リーブ)から彼の出自が今は無き惑星クリプトンであることを教えられる。意を決して宇宙船に隠された父親の言葉を解読したクラークはしかし、それが「クリプトンの最後の子が地球人を支配する宿命にある」という意味と知りショックを受ける。

    そんな中、クラークの母マーサ・ケントの妊娠、ラナの実の父親の発見、そしてレックスの女医ヘレン・ブライスとの婚約といった慶事が重なる。クラークは宇宙船の命令する宿命から逃れようと宇宙船をクリプトナイトのキイを使って破壊しようとする。しかし、その爆発に巻き込まれたマーサが重傷を負い、流産してしまう。さらに新婚旅行に出かけたレックスは罠に落ちて飛行機ごと墜落させられてしまう。

    責任を感じたクラークは自暴自棄となり、彼にとって麻薬作用のある赤いクリプトナイトの指輪を自らはめてバイクであての無い旅に出るのだった…

    ↑他の海外ドラマ・ファンのブログを見る
    Smallville | permalink | cm | - | -