海外ドラマ de eigo33

私(『英語耳』著者)の英語の原点は洋楽・洋画・海外ドラマ。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 13,612 エピソード・録画がたまった! | main | Burn Noticeとは >>

クロエ、アビー、ガルシア

0
    JUGEMテーマ:海外ドラマ
    3人の女性、クロエ・オブライエン(Twenty Four)、アビー・シュート(NCIS)、ペネローブ・ガルシア(クリミナル・マインド)は、コンピューター・ITにやたらに強い女性がPCを駆使して捜査のサポートを行う。犯人の名前がわかれば、個人情報をどこからか見つけて、犯罪歴までわかってしまう。一刻を争う情報収集での欠かせない存在です。ドラマ上での存在ですが、アメリカ社会の女性の登用のされ方、女性の職業観がわかります。

    日本では、女性の登用とうわべで言っている男どもがいますが、この3人を部下に持たせてみたいものです(笑)。

    24(Twenty Four)はアメリカのドラマの評価を高めて、ドラマのスピード感とサスペンス感を高めたドラマ史に残る、功績の大きな作品だったと思います。主人公のジャック・バウアーのフィールドでの行動を助けていたのが、クロエ・オブライエン。

    彼女のIT技術とハッカー技術によって得られる情報がジャックの行動を重要な場面で助けます。シーズンの初めの方のクロエは、まゆの間にしわを寄せて、すぐに不満を言う根気の無い女の子の印象でした。それが、シーズンが進むにつれて、ジャックと観客の心をつかんでいきます。

    英語の習得においては、登場人物に感情移入、つまり共感できることが必要です。英語を習得するためには、背景にある文化も理解している必要があると良く言われます。相手の立場に立って考える、感情移入できるための背景知識になります。しかし、歴史や習慣百科事典で記述されているような知識として蓄えていても英語を使いこなすためには必要十分ではありません。

    海外ドラマを観ることの利点は、登場する人物達に何度も接することによって、性格が分かり考え方が分かっていくところです。はじめのうちは、「どうしてそう考えるのか?」、「どうしてそのような行動をとるのか?」と違和感を感じることが多いのです。この違和感を感じることが、英語が話されている背景にある違和感を感じていることになると思います。日本人と英米人の考え方、感じ方は異なります。この違いを乗り越えて感情移入できた時に、「英語耳」に一歩近づくことができます。

    クロエ・オブライエンにはシーズンが進むにつれて感情移入できるようになってきました。そしてだんだん好きになり信頼できる登場人物になっていきました。制作側の意図に導かれた結果だとも考えられますが、クロエは好きです(笑)。

    アビー・シュート(Abigail Scuito, Abby Sciuto)

    ドラマ、「NCIS ネイヴィー犯罪捜査班」でコンピューター、IT能力を使い捜査のための情報提供を行います。以下のWikiにも人物紹介があります。おさげの黒髪、タトゥー、パンクな服装で怖いお姉さんの印象ですが、とても好感が持てるキャラクターで好きです。単なる情報収集技術者を越えたマルチな能力を持っているところも魅力です。

    以下のサイトでアビーの魅力を25項目あげているので、ドラマでの人物像を知ることが出来ます。
    「海外ドラマNAVI『NCIS』アビーこと、ポーリー・ペレット25の魅力」
    http://dramanavi.net/news/2014/02/ncis25.php <前編>
    http://dramanavi.net/news/2014/02/ncis25-1.php <後編>

    NCIS ネイビー犯罪捜査班 Wiki
    http://bit.ly/1oOCzpM

    ペネロープ・ガルシア Penelope Garcia(クリミナル・マインド)

    ドラマ「クリミナル・マインド」のガルシアは情報収集が専門で、みんなとは別室にいます。独特の服装と髪飾りが特徴です。上記写真はやや控えめ(笑)。個性的な働く女性です、職務が他の二人よりは明確な従業員です。情報が必要なときに声がかけられます。

    ガルシアの記述があるBLOG
    「明日という字は、明るい日とかくのね・・・」
    http://yaplog.jp/yamu98/archive/2551

    クリミナル・マインド FBI行動分析課 Wiki
    http://bit.ly/1cs1MQq

    クロエ、アビー、ガルシアが演じているアメリカの女性の登用を見ていると、アメリカの労働社会では仕事の能力に男女の差を(あまり)感じていないけれども、女性の魅力を上手に出しているドラマ作りを感じます。多くのドラマで男性も情報収集の役をしていますが、Twenty Fourのクロエが作り出した情報収集を行う女性のインパクトが非常に強かったと思います。

    イギリスのMI-5は、町中に設置された数万個のTVカメラを駆使してテロリストを追います。同様にPERSON OF INTERESTも街頭のTVカメラが多用されています。Twenty Fourが先駆的な役割をしたと感じていますが、いかがでしょうか。

    ARROWに登場する女性フェリシティ・スモック (Felicity Smoak)も同様の立場にあるようですが、ARROWは録画してもまだ観ていないので、先の楽しみです。


     
    Miscellaneous | permalink | cm | - | -

    この記事に対するコメント

    管理者の承認待ちコメントです。
    - | 2014/02/20 1:23 PM