海外ドラマ de eigo33

私(『英語耳』著者)の英語の原点は洋楽・洋画・海外ドラマ。
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Person of Interestとは

0
    JUGEMテーマ:海外ドラマ

    Person of Interest(犯罪予知ユニット」とは、コンピューター・システム(マシンと呼ばれる)がはじき出す犯罪を未然に防ごうとする2人の物語。2人とはマシンの開発者で資産家のハロルド・フィンチ(マイケル・エマーソン)と、元軍人ジョン・リース(ジム・カヴィーゼル)。マシンとは政府のために開発されたテロを予見して警告を出すシステム。街中の監視カメラの映像、電話の盗聴、電子メールなど国家的に情報を集めて診断する人工知能。
    (写真の左がフィンチ、右がジョン)


    この番組は大好きでハマっています。Twenty Four -> MI-5 -> Person of Interestがこの種のサスペンス・ドラマで好きなTOP3です。Person of Interestは個人を扱うために3つのうちではマイルドだと感じます。ジョンとフィンチが鼠小僧のように悪をやっつけ善を助けるところが好感度が高い理由でしょう。そこのところに引かれます。H氏もはまっているようですね。

    マシンがはじき出す犯罪の被害者(時には加害者も出てくる)の社会保障番号をもとに、その人物にジョンが近づき、フィンチがオフィスから情報検索するという役割で二人の活躍が描かれる。

    ニューヨーク市警察のジョス・カーター(タラジ・P・ヘンソン)と元悪徳警官のライオネル・ファスコがジョンたちもやがてジョンたちに協力をするようになる。(ネタばれですが)

    9.11以降はNYもロンドンのように監視カメラが大量に設置されました。監視カメラが存在する現実が意識されます。日本では目立たない様に監視カメラの設置が進んでいるようです。やがて数年後には日本でもこのような情報が集められて、一部の人間が独占するようになりそうです。 MI-5 -> Person of Interestがそのような社会を描き出します。物語では情報は善用されていますがね。


    冒頭のナレーションは、英語でぜひ聞いてください。
    You are being watched. The government has a secret system: a machine that spies on you every hour of every day. I know because I built it. I designed the machine to detect acts of terror, but it sees everything. Violent crimes involving ordinary people, people like you. Crimes the government considered irrelevant. They wouldn't act, so I decided I would. But I needed a partner, someone with the skills to intervene. Hunted by the authorities, we work in secret. You'll never find us, but victim or perpetrator, if your number's up...we'll find you. Opening voiceover by Finch

    「我々は見られている。政府の極秘のシステム"マシン"によって常に監視されている。開発したのはこの私だ。テロ行為を未然に防ぐためにマシンを設計したが、一般人を巻き込む凶悪犯罪も検知する。政府には"無用"の犯罪だ。政府は何もしないので、私が防ぐと決意した。まずは共に戦う腕の立つ相棒が必要だ。我々は当局の目をかわし秘密裏に動く。もしマシンが番号を告げたら、被害者でも加害者でも...必ず探し出す。"」

    ↓Person of Interest Wiki
    http://bit.ly/1eY8bXQ
     

    Person of Interest | permalink | cm | - | -