海外ドラマ de eigo33

私(『英語耳』著者)の英語の原点は洋楽・洋画・海外ドラマ。
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

MI-5 / SPOOKSとは

0
    JUGEMテーマ:海外ドラマ
    MI-5 (SPOOKS)とは、
     MI-5はイギリス版 Twenty Fourといえば想像できるかも。日本での題名は「MI-5 英国機密諜報部」ですがイギリスでこれを言っても通じません。イギリスの題は「SPOOKS」です。Spookには幽霊と中央情報局員の意味があります。



     イギリスは味のある泥臭い番組を作ります。このMI-5もTwenty Fourに匹敵するぐらい面白いと感じます。Twenty Fourはクロエがコンピュータと衛星画像を駆使してジャック・バウアーをサポートしていました。MI-5はさらに進んで、ロンドン中にゴマンと(つまり沢山)ある監視カメラを駆使して敵の行動を追います。ボーン・アイデンティティでもロンドンのシーンでは監視カメラがたくさん出てきましたね。

     監視カメラとコンピュータの人工知能とを組み合わせたのがPERSON OF INTEREST(米国)という面白くてはまっているドラマになるのですが(別で書きます)、MI-5はそこへの橋渡し的な位置です。つまり、テロに対する情報の戦いに注目すると、TWENTY FOUR --> MI-5 --> Person of Interestという流れになります。

     MI-5の描くイギリス人の諜報部員は、Twenty Fourのアメリカ人とずいぶん違います。本音と残酷さと裏切り、つまり人間臭さが出ているように感じます。本音と残酷さは表裏一体かもしれません。きりっとしたロス(シーズン8の写真の左端)のファンです。

     テロの扱い方がヨーロッパ中心で、ロシアと中東が要注意、アメリカのCIAも一癖も二癖もあり、それでいて少しコケにされています。シーズン10がファイナル・シーズンです。

    ↓MI-5 英国機密諜報部
    http://bit.ly/1iq3tm9
    MI-5 / SPOOKS | permalink | cm | - | -