海外ドラマ de eigo33

私(『英語耳』著者)の英語の原点は洋楽・洋画・海外ドラマ。
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

God Father

0
    ゴッド・ファーザー

    今日3/1は、ザ・シネマ(CS227)でゴッド・ファーザーのPart IからPart IIIまでを放送していました。
    後半はつい見てしまいました。おーと思う人が出ていたので、記録しておきます。
    映画が放映された年は以下のとおりです。
    Part I     1972  2:57
    Part II    1974  3:21
    Part III   1990  2:50
    3本とも、ほぼ3時間のながーい映画でしたね。全部見ると9時間!

    Part Iではマーロン・ブランドがヴィトー・コルレオーネを演じています。
    Paret IIとPart IIIはアル・パチーノがマイケル・コルレオーネを演じていました。

    ↑1974のアルパチーノ
    アル・パチーノは精悍で好演していましたね。
    ↓1990のアル・パチーノ


    アル・パチーノに関しては、Scent of a Woman セント・オヴ・ウーマンを
    使ってシャドウイングしていたので、懐かしいとともに新鮮な視点で、
    ゴッド・ファーザーを見ました。
    以下は、セント・オヴ・ウーマンの僕の記事:
    http://ii33.eigo33.com/?eid=58

    ゴッド・ファーザー Wiki
    http://bit.ly/1j33cmY

    ゴッド・ファーザーで、おやこんな人が出てたと思った3人です。

    ●ダイアン・キートンがケイ・アダムス・マイケルソン、つまりマイケル(アル・パチーノ)の妻の役。
    Part IIでマイケルの妻を好演。あらためて、ダイアン・キートンの若いけれども
    しっかりした役柄をこなしているところが見れました。
    Part IIではマイケルと険悪になっているなかで子供を中絶したことで、マイケルと離婚。

    Part IIIでは、映画の最後のほうでマイケルが糖尿病で倒れたあとで、見舞いに来ます。

    ●クリミナル・マインドのデヴィッド・ロッシ役をしていたジョー・マンテーニャがPart IIIでジョーイ・ザザ役で出ていました。顔はすぐにわかりました。少し憎まれ役で、すぐに殺害されてしまいます。

    ●映画ロッキーの恋人・妻を演じたタリア・シャイア がPart IIIで
    コンスタンツァ・“コニー”・コルレオーネ・リッツィ役をしています。ドン・コルレオーネの末娘。

    Part IIIでは、貫録のある役をつとめていました。
    ↑写真は劇場で毒入りのお菓子を渡すシーンです。
     
    MOVIES | permalink | cm | - | -

    Scent of a Woman

    0
      Scent of a Woman セント・オヴ・ウーマン/夢の香り (1992)

      バーン・ノーティスに出演しているガブリエル・アンウォー Gabrielle Anwarが映画 Scent of Woman でアルパチーノとタンゴを踊るシーンを YouTubeで見つけました。そのからみで、Scent of Womanを調べてみました。
      YouTube (バーン・ノーティスの項目で紹介済み)
      http://www.youtube.com/watch?v=LXrqzC7cw40 3:53

      YouTubeで、最後の部分の重要なシーンを見つけました。シーンには大変に感動したので、カセット・テープに録音して、通勤で何度も(100回ぐらい)聞いてシャドウイングしていました。
      仕事のストレス発散にもなっていましたので、僕がシャドウイングした題材のTOP 5に入ります。

      YouTube: Scent of Woman 夢の香り

      スレード大佐 vs トラスク校長・逆転スピーチ
      http://www.youtube.com/watch?v=1bkag38Ta-c 1/3
      http://www.youtube.com/watch?v=1ES1WtDGjp4 2/3
      http://www.youtube.com/watch?v=HDhCbSyc02w 3/3

      このシーンの最後で(上記3/3)、Christine Downes がつけている香水の名前を当てて、
      "I'll know where to find you."
      「(俺には君が見えないけれども)、香で君を見つけられるね」
      というところがとてもおしゃれですよね。
      僕は、このシーンから映画のタイトルが「Scent of Woman 」なのだと信じていますが、
      本当のところはどうなのでしょうか。

      とても良い映画です。

      Scent of Woman Wiki
      http://bit.ly/1bpdw9k

      ガブリエル・アンウォーがバーン・ノーティスに出演していまいた。この映画からは、学生役で、アルパチーノと共演と言う大役をこなしていたクリス・オドネル (Chris O'Donnell, 1970/6/26生まれ)がNCISにレギュラー出演しています。
      NCIS NAVYにGカレン役で、
      NCIS LA 〜極秘潜入捜査班にもGカレン役で、
      Hawaii Five-0にもPa Make LoaというエピソードでG・カレン役でゲスト出演したそうです。

      映画のせりふのシャドウイングは同じ時期の「いとこのヴィニー」と言う映画の裁判のシーンを、
      セント・オヴ・ウーマンよりもたくさん繰り返して聴いていました。

      MY COUSIN VINNY - Trailer ( 1992 ) 1:56
      http://www.youtube.com/watch?v=SL4HdaZXuOw

      My Cousin Vinny - The Confused, Old Judge 2:05
      http://www.youtube.com/watch?v=L0fT3u6w6ks
      このシーンのあとに、Marisa Tomeiが証言して、検察側の技術者をやり込めます。
      この演技が面白く秀逸なので、録音してシャドウイングしていました。
      なつかしいのでYouTubeで探しましたが、見つかりませんでした。残念・・・

      いとこのビニー Wiki
      http://bit.ly/1c4XJYe

      Marisa Tomei winning Best Supporting Actress, 1993 2:50
      http://www.youtube.com/watch?v=ej8EpWYFhnw
      MOVIES | permalink | cm | - | -