海外ドラマ de eigo33

私(『英語耳』著者)の英語の原点は洋楽・洋画・海外ドラマ。
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

glee S5E1&2はBeatles特集!

0
    JUGEMテーマ:海外ドラマ
    Glee
    シーズン5のepisode 1 and 2はビートルズ特集です。
    ビートルズのファンの僕にはとても嬉しい永久保存版のE1, E2です。

    E3は亡くなったFINNの追悼のエピソードです。
    シーズン5の3話先行放送(2013/11/24収録)を今日見ました。
    (大きいほうのスピーカーで、音量をあげて観ました。アンプはnu force使用)
    今日は、E1, E2についてだけ書きます。

    第1話 「Love, Love, Love」
    1) Yesterday レイチェル 舞台のオーディション後、役が取れるか思案しながら歌う
    2) Drive My Car 遊園地のゴーカートの場面、車いすのアーティとキティが歌う
    3) Got To Get You Into My Life
    4) You've Got To Hide Your Love Away アーティがキティと歌う。原曲の歌詞と場面がうまく会っている。感心した!
    5) Help!
    ブレインダが同じゲイのカート(クリス・コルファー)にプロポーズするためにみんなに極秘にHelpしてと頼むため使われている。ウォブラーズ、ヴォーカル・アドレナリン、デフクアイアなどが参加。これも演出と原曲の歌詞が合い過ぎていて感心!

    6) A Hard Day's Night
    ダイナーでバイトしているレイチェル・リアミシェルとサンタナ・ナヤリベラがダイナーの制服で歌う。踊りも演出が凝っていて、相当な練習とリハーサルしたんだろうね。
    7) I saw her standing there ビートルズのスーツとステージの立ち位置で4人が歌う。
    8) All You Need Is Love


    第2話 「Tina in The Sky with Diamonds」
    ビートルズの中期から後期の歌の紹介をしながらエピソードが進む。
    Tinaティナは太めのアジア系の女の子。プロムクイーンの候補ですが。
    1) Revolutionの出だし
    2) Get Back こういう風に歌うと歌詞が生き返った感じ!プライドを取り戻せと歌いかける、
    3) Something

    4) Here Comes the Sun ダニ役でデミ・ロヴァートが出てるーー!!デミとサンタナとのデュエットでビートルズの歌詞を再発見。良かった。

    5) Sergent Pepper Lonely Hearts Club Band プロムの舞台で、映画でビートルズが着ていたようなカラフルな軍服姿で歌う。

    6) Hey Jude ティナをチアーUPするために歌われる。こういう歌い方もあるんだ、力強い応援歌だ。

    7) Let It Be 合唱、良かったよ!デミ・ロヴァートも出てたけど歌わなかったのが残念。

    gleeのビートルズ特集を観ていて思った。gleeを観たくなるのは、昔聴いていた歌の歌詞にgleeなりのストーリーの中で歌われることで、英語の歌詞に新しい光をあててくれるところ。洋楽を聞いたり歌ったりしてきて良かったと思わせる瞬間がたくさんあるからです。

    MY NORMAL DAYSというブログで見つけた、S5E1, E2の詳細な記述です。
    http://naokouniun.exblog.jp/18808223

    『シネマ日記』さんの glee S5E1-3のページ
    http://blog.goo.ne.jp/coky74/m/201311

    2014/1/23「gleeとは」へのリンク
    glee | permalink | cm | - | -

    glee グリーとは

    0
      JUGEMテーマ:海外ドラマ
      glee
      グリーとは、

      ヒットした学園音楽部ドラマ。

      キャスト一覧が出ているサイト↓ (初期のころの写真。みんな若ーいねー!
      http://tv.foxjapan.com/channels/fox/lineup/glee-s2/cast/

      レイチェル役のリー・ミシェルはすごい歌唱力と骨太のルックスが良いと思う。八歳の時に「レ・ミゼラブル」の子供のコゼット役でブロードウェーデビューをしたそうで、ブロードウェーで鍛えられたと知ると納得できる。

      個性的なのは、意地悪な役のスー・シルベスターを演じるジェーン・リンチ。チア部のコーチ。グリー部はださくて恥ずかしいものだとバカにする。グリー部の足を引っ張り部をつぶそうとする。シーズン1では悪役に徹する。だんだん物分かりの良い所もシーズンが進むにつれて出してくるのですがね。

      メルセデス役のアンバー、カート役のクリスなど人気が出た俳優はたくさんいます。そもそもこのドラマに出演すること自体がブレイクでステイタスなのですね。

      シーズン1の22エピソードで歌われた全曲の紹介と、ほぼ全曲のAudioまたはYouTube映像。
      良く集めたねー、すごーい、「いいね!」と思ったブログです。
      http://matome.naver.jp/odai/2130478787698265501

      ドラマの中で歌われる曲のクオリティが高いですねー。みんな声量があって、歌がうまーい。曲数が多いと感じてましたが、上のブログの曲名を見るとほとんどのエピソードで6曲ぐらい歌われていたのですね。少ないときでも3曲。毎回リハーサルが大変だったと思います。歌だけでも見ごたえがあります。

      辞書をひいてみました。gleeとは、ODEの単語の定義
      1 [mass noun] great delight, especially from one's own good fortune or another's misfourtne.
      2 a song for men's voices in three or more parts, usually unaccompanied

      2014年のシーズン6でグリーは終了するそうですね。シーズン4でレイチェルがニューヨークに住む設定で、それぞれメンバーが成長していき、ちょっとまとまりがなくなっていったと思っていました。gleeの新人部員にはなかなか感情移入できないでいたし。

      それに、フィン役のコリー・モンティスがシーズン5の前で亡くなった(2013/7/13、31歳)ことによるインパクトも大きかったと思う。大ブレイクすると麻薬・酒・不節制の誘惑に負ける例が、gleeでブレイクしていたコリーにも起きたことが残念・・・


      辛口で言うと、gleeの危機を救い、コンペティションに向けて障害を越えていく流れが予想できて、少し単純な成功物語だと言えないこともないドラマです。しかし、とにかく歌が抜群なので、欠点があっても目をつぶれて、好きな歌が聞ける事で僕の評価は極めて高い大好きなドラマです。お気に入りのスピーカーとアンプで音を出して聞いてます。

      glee/グリー Wiki
      http://bit.ly/1mJab7x


      ↑他の海外ドラマ・ファンのブログを見る
      glee | permalink | cm | - | -